罰金?カナダの銀行口座開設で必要なTIN、納税者番号とは?

       

どうもテツです。

カナダは語学留学やワーホリなどで来る人が多く銀行口座は作る人が殆どだと思います。
以前書いた記事「カナダの五大銀行を比較!ワーホリや留学におすすめは?」などで紹介した銀行で新規口座を作るときにあらかじめ把握しておきましょう。 
  

TIN(TAX IDENTIFY NUMBER)とは?

新規銀行口座を作る場合はTIN(TAX IDENTIFY NUMBER)
という納税者番号が必要になります。
2017年中旬頃から銀行よりTINの提出が必須になりました。

「来たばっかでそんなの持ってないよ」
と思いますが日本人の場合はマイナンバーを提出します。

なので出国前に何かにメモしておいたほうがいいです。

なぜTINは必要なのか?

これは共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)という制度がG20で作られ、
外国人の脱税などのトラブルを防ぐためで、
例えば脱税した状態で国を出たり入ったりしたとき
お互い情報をすぐ追えるよう国同士で決めました。

共通報告基準(CRS)とは...

外国の金融機関等を利用した国際的な脱税及び租税回避に対処するため、OECDにおいて、非居住者に係る金融口座情報を税務当局間で自動的に交換するための国際基準である「共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)」が公表され、日本を含む各国がその実施を約束しました。この基準に基づき、各国の税務当局は、自国に所在する金融機関等から非居住者が保有する金融口座情報の報告を受け、租税条約等の情報交換規定に基づき、その非居住者の居住地国の税務当局に対しその情報を提供します。

国税庁ホームページより引用

申請しなかった場合


提出しない場合は連邦税務局に報告され後々罰金が来たりする場合もあるみたいです。
僕は銀行口座開設時に求められませんでしたが、調べてみると銀行やスタッフによるみたいなので開設前にはマイナンバーをメモに取るなどして把握しておきましょう。

まとめ

以上が「罰金?カナダの銀行口座開設で必要なTIN、納税者番号とは?」でした。
僕自身一ヵ月間は住所が転々としてしまった関係で銀行から送られてきていた手紙を確認しておらずこの記事を書いた数日前に気づきました(笑)

カナダにこれから来る、来たばかりの方は以前紹介した「カナダに着いたら家探し!探し方とそれぞれの特徴!」「カナダワーホリの仕事で必須!SIN ナンバーの申請方法!」なども一緒に確認しておきましょう。

それではSee you!

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

THE AWESOME WORLD BLOG【オサブロ】を今後もよろしくお願いします!

ツイッターインスタグラムなど各種SNSやってるよ!

現在LINE@、google+、FACEBOOKページも準備中。

カナダのことだけに関わらずオーストラリア日本文化アフィリエイトなどの記事も上げてく予定なのでよろしく。

よかったらシェアはこの下のSNSアイコンから、

フォローは右上からしてね。

SNSでシェア

他の記事も見ていく!

コメントを残す

*

Translate »