オーストラリアの年末年始の過ごし方!

       

どうもテツです。あけましておめでとうございます!Happy new year!!

今年の年末年始は仕事も休みで2年ぶりに日本で過ごすことができました。
おいしいおせち料理やお雑煮など日本らしい過ごし方ができました。

ふと思ったのがオーストラリアにいたとき何やってたっけな…と思い、いろいろオーストラリアでの年越しを思い出してみました。

オーストラリアではクリスマスから年末年始のイベントが始まります。

【Christmas(クリスマス)25日】
クリスマスは日本と同じで祝うのですが、違いとして皆、恋人よりも家族や友人との時間を大事にしてました。
オーストラリアの人口のうち移民、学生、ワーホリの方々もかなり多いので国に帰り家族と一緒に過ごす人も多いです。
そしてスーパーマーケットを含むほとんどのお店は閉まり、仕事は無く、町に人はいないのでは閑散となりますが
皆BBQ、ホームパーティなどを楽しみます。

ちなみに面白いことに季節が真夏なのでビーチに行くと水着を着たサンタが、そこら中で見れます(笑)

【Boxing Day(ボクシングデー)26日】
この名前は日本人には馴染みないと思います。
オーストラリア、イギリスなど一部のキリスト教の信仰が濃いところで行っている休日で毎年26日にほぼ全てのお店でバーゲンをやってます。
このバーゲンの大安売りはただの大安売りではなく一年間で物を一番安く買える日で、高いものを買いたい人はこの日まで買わずに待ってたりします。

ちなみにBoxing(スポーツ)ではなくBox(箱)が名前の由来になっていて、簡単に言うと箱に入ったクリスマスプレゼントを貰える日という意味になっています。

【大晦日と新年31日、1日】
オーストラリアの大晦日は毎年各都市で大きな花火が行われ、道路などはカウントダウンに向け歩行者天国になりたくさんの人で賑わいます。
ただSYDNEY(シドニー)の港では、なんと花火を見るためだけに毎年100万人以上が集います。
一番大きくTVでも生中継されるほどで海外の人は圧巻されます。
カウントダウン後は各パブやバーなどで年末限定のイベントや酒を飲みたい人でいっぱいになります。

そして新年が明け1日は飲みすぎた人や騒ぎ疲れた人は、家やBBQなどでゆっくり過ごす方が多いです。
オーストラリアでは特別な行事はなく、初詣のような文化も無いのでキリスト教の一部の人が教会に行くぐらいです。
もちろん仕事の人は1日からすでに始まる方も多く、ほとんどのお店は開いています。

僕自身年越しは2年間で2回BRISBANE(ブリスベン)、MELBOURNE(メルボルン)で過ごし道路で友達と花火を見ながら新年を迎えました。
その後はクラブでお酒を飲み踊り楽しんでいたのを覚えています。

ちなみに1月中にオーストラリアにいる方はあることに気づきます。
なんとまだ家などではクリスマスツリーが飾られてたりします(笑)
これはオーストラリアでは多く、旅行などで家を留守にしているからと言われています。

オーストラリアの年末年始は聞いてどうだったでしょうか?
たぶん日本とはまた違い面白かったと思います。
海外で過ごすには向こう独自の祝い方もありますし驚くことも多いです。
いつもと違う過ごし方をしたい人は行ってもいいかもしれないですね。

それではSee You またねー!

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

コメントを残す

*

Translate »