洒水の滝

       

洒水の滝は意外と知られていない穴場で、

5つの名所認定を受けている素晴らしい滝です。

  1. かながわの景勝50選 1979年(昭和54年選定)
  2. 名水百選 1985年(昭和60年選定)
  3. 日本の滝百選 1990年(平成2年選定)
  4. かながわ未来遺産100 2001年(平成13年選定)
  5. 美しい日本の歩きたくなるみち500選(河村城址と洒水の滝へのみち)

洒水の由来は、清浄を念じてそそぐ香水を指すと言われており、
三段からなる雄大なその姿は、力強くパワーを感じることができる。
一の滝は69m、二の滝は16m、三の滝は29mという落差がある滝で、
古くから相模の国第一の滝とされている

この滝は鎌倉時代の文覚上人が100日間もの間、
滝に打たれる荒行を積んだ地としても知られており、
近くの最勝寺には文覚上人が安置したといわれる不動明王があります。
毎年、7月第4日曜日には【洒水の滝祭り】では、無病息災のご利益があるといわれ人々が集まる。




また、四季折々に違った顔を見せるため小旅行で来ると
紅葉を撮ったり
雪を楽しんだり
非常に有意義に過ごせるでしょう。

楽しめるのは滝だけでなく
道中も様々な見どころがあります。

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

コメントを残す

*

Translate »