【ワーホリで一番人気?】カナダはケロウナでワーホリが始まりました!

       

どうもテツです。
カナダでワーホリが始まりました!
6月5日からここカナダはKELOWNA(ケロウナ)
におり、あっという間に一か月が過ぎた…とにかく元気にやっております。
一か月の間に色々トラブルと生活になじむのに苦労した。
オーストラリアにいたが英語の違い、文化にやっとなじめてきました。

別にさぼってたわけじゃない…

今日はケロウナの紹介と何枚か写真を上げていこう(いい写真はないけど笑)

ケロウナとはどんな町?

ケロウナ(Kelowna)は、カナダのブリティッシュコロンビア州内地の都市で面積は約212平方KM、人口は約180,000人。
実は田舎だと思われがちだがブリティッシュコロンビア州ではバンクーバーとビクトリアに次いで3番目に大きい都市で、 州内陸部では最大であり、広域都市を入れると人口は約340,000人に及ぶ。

オカナガン湖と山々のの景観に加え、カナダでも1、2を争うほど安定した気候のため人気の都市で、かなりの速さで開発が進んでいて、
実際現地の人に聞くと都会になってきて寂しいとの声も上がっている。
そしてカナダ人が老後に一番住みたい町にも選ばれている。

名前の由来

昔1859年、当時砂の湾と呼ばれていたケロウナに、フランス人の神父チャールズ・M・パンドシーが到着し、初のヨーロッパ系居住者となり、1905年5月4日にケロウナが正式に創設された。
ちなみにケロウナとはアボリジニの言葉で【ハイイログマ】という意味。

実はケロウナは日本とのかかわりがあった

日本の愛知県春日井市は1981年2月5日から姉妹都市提携している。
現地の人にも良く言われてなかなか深い話を聞いたので今度また別に記事にしようと思う。

簡単な写真紹介


上空から見たケロウナ山とオカナガン湖に隣接してる


ケロウナ市内の道はほぼ坂になっており少し行くとこういった見晴らしのいい場所に出れる。
ハイキングやロードバイクでツーリングする人も多い


もちろんオカナガン湖は広く船で観光したりアクティビティを楽しむ人も多い。


建物は欧米らしい建物がやはり多い。

そして相変わらずのファーストフード店。
空港からすぐ出迎えてくれた笑
もちろん日本でも有名なマクドナルド、ケンタッキー、サブウェイはもちろん色々な店がある。

まとめと今後の更新

今回はかなりざっくりした記事になってしまったが
今後はケロウナのことをそれぞれ掘り下げて記事にしたいと思う。

またカナダのこんなこと知りたいや、記事にしてほしい、検証してほしいがあればリクエストに答えていきます。

それではSee you!

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

THE AWESOME WORLD BLOG【オサブロ】を今後もよろしくお願いします!

各SNSフォローお願いします。

Twitter
ツイッター


インスタグラム


Google+


Feedly

 

現在LINE@、FACEBOOKページも準備中。

カナダのことだけに関わらずオーストラリア日本文化アフィリエイトなどの記事も上げてく予定なのでよろしく。

よかったらシェアもこの下のSNSアイコンからお願いします

今後もどうかよろしくお願いします!

SNSでシェア

他の記事も見ていく!

コメントを残す

*

Translate »