ワーホリ中のカナダでの仕事探し方5つを紹介【保存版】

       

どうもテツです。

今回はカナダでの仕事探し方をまとめました。
まずワーキングホリデーにきて多くの日本人が英語に自信を持てずうまく喋れない中、
一番苦戦するのが仕事というより探し方の情報収集だと思います。

僕もオーストラリアで初めて英語で仕事探しになったときはとりあえず学校の周りの人に聞きまくった覚えがあります。
実際お金は減る一方だったので一番不安だった時期かもしれません(笑)

カナダでは日本とは違い仕事探しに求人サイトだけでなくクラシファイド(CLASSIFIED)サイトやFACEBOOKで探すのが主流です。
今回はそれを含めた探し方をいくつか紹介していきます。

これが全部ではないかもしれないですが方法としては主に5つあり、

  1. RESUME,CV(履歴書)を目当てのお店に配っていく方法
  2. 人からの紹介
  3. クラシファイド(CLASSIFIED)など求人サイトやFACEBOOKを使う
  4. ジョブエージェント(JOB AGENT)を使う
  5. 職安を使う

実際様々な方法で見つけることができます。
僕自身はオーストラリアを含めて全部使ったことがあるので参考になればと思います。

RESUME,CV(履歴書)を目当てのお店に配っていく方法

まず初めに一番確実で運が良ければすぐ見つかる方法です。
これはとにかく気に入ったお店や時給がよさそうなお店に直接履歴書を持っていく方法です。
ただこれをやる際のアドバイスとしては渡す前に必ずマネージャー(店長)はいるか聞いて渡すようにしてください。
実際など学校が多くある町は学生も多くその分ライバルも多いので普通の従業員などに渡すとマネージャーの目に入らないことなどもあるようです。

そして配ったお店の名前とどんな種類のお店(例:レストラン、スーパー)などメモを取るようにしてください。
僕が以前オーストラリアで仕事探しをしていたときは100枚ぐらい印刷して
必死に片っ端から配り歩いた時もありました(笑)

ただ失敗したことがあり、それは電話が来るのはいいのですが店の名前を思い出せず
色々聞き返してしまい時間を取られたあげく悪い印象を与えた可能性があったので必ず思い出せるようにしておきましょう。

人からの紹介

これは一番労力がいらない簡単な方法ですね!
紹介して仕事を得るのは、紹介者が紹介先に前もって情報を伝えてくれることも多く
アポを取った時も実際に話がスムーズにいきます。
オーストラリアの時に紹介したこともありますし、紹介されて仕事を貰えたこともあったので非常に楽です。
ただ紹介なので繋ぎなどの軽い気持ちで入る場合は紹介者のことも考えてすること。

クラシファイドなど求人サイトやFACEBOOKを使う

クラシファイドサイト

これはやり取りの時間を含めると一番面倒ですが情報量はやはり圧倒的でいい仕事も選びやすいです。
そして英語ができない人にも助かるのが日本人向けのサイトや日系の会社の情報も見つけやすいのが便利です。
もちろん英語を使う仕事でも高時給の仕事が一目でわかります。

まずクラシファイドサイトはカナダ全体や地域限定のサイトなど幅広くあり情報量もサイトごとで異なります。
仕事探し以外にも物の売買、家探し、コミュニティ探し…etc などかなり幅広く使えるのでワーホリする上では必須と言えるインターネットサイトです。

日本だと「ジモティ」みたいな感じでしょうか。

外国人やカナダ人もよく使う有名な代表的サイトが

  1. KIJIJI
  2. CASTANET
  3. CRAIGSLIST(日本語対応可)

の3つです。
クラシファイドサイト自体はまだほ他にもいろいろあるので下の
カナダのクラシファイド、求人サイト一覧【随時更新中】
で僕が知っている限りの一覧を載せてます。

FACEBOOK(フェイスブック)

この次にインターネットを使う上でいい方法としてはFACEBOOK(以下FB)です!
FBと聞くと日本にいる方はあまりイメージないかもしれませんが海外の人たちは
グループ機能を使うことで上記のクラシファイドサイトと同様に便利で、
かつメッセンジャーもあるので面倒なメールのやり取りを省いて迅速にやり取りできるのがいいです。
探し方は
ワーホリ、留学で必須?Facebookのグループ機能
に書いてあります。

Indeedを使う

これは日本でも有名な求人サイトですね!
オーストラリアでもそうでしたがカナダでも使えて情報量もさすがです。
そしてindeedはRESUME,CV(履歴書)をアップロードして登録できるので面倒くさい作業があまりないです。
設定の機能で公開することで企業側からも見れて、気に入られて向こうからメッセージも来ることもあります。

ジョブエージェント(JOB AGENT)

ジョブエージェントは日本でいうところの「派遣会社」です。
カナダではまだ使ったことはありませんが、
オーストラリアで一時期使った際に仕事の手配と給料などの振り込みを会社経由でされていました。

一応カナダのリストを見つけたので良かったら見てみてください。(英語必須)
リクルートメント・エージェンシーRECRUITMENT AGENCIES

職安(ハローワーク的な)を使う

ハローワークは和製英語なので英語では

Public Employment Security Office(パブリックエンプロイメントセキュリティオフィス)

というみたいです。
ただ長いし検索してもうまくヒットしませんでした。
おそらくもっと簡単な言い方があるのでしょうが見つからないので後日修正しておきます。

特にこれは地域ごとで名前やサービスも変わると思いますが、
僕が住んでいるKELOWNAには「WORK BC」という職安があります。
主に仕事をしてくれるのに加え

  • 求人情報が膨大にあるのと無料でパソコンが使える
  • 履歴書、カバーレターの添削
  • 無料のコピー、プリント
  • 面接の練習相手

この4つがすべて無料でできます。僕もここで情報システム収集をしているときに見つけて履歴書もカナダ仕様に直して頂きました。
サービス良すぎで正直感動しました。
※ただしKELOWNAの職安では求人情報は見てもいいが「直の仕事の紹介」に関してはワーホリビザだとできないと言われました。

まとめ

今回は仕事の探し方一覧を載せました!

僕は今レストランで働いていますがFBに投稿したところメッセンジャーに連絡が来て仕事を手に入れることができました。
ただその他にもいろいろなサイトや直接電話があったりと、大都市ではないKELOWNAでも2、3日で10件以上は連絡がありました。
フル活用するとここまで簡単に情報が得られるのでバンクーバー、トロントに住んでいる方はもっと簡単だと思いますよ。

最後にカナダだと連絡が遅い企業も多いので時間ある人は気長に待つのもありです(笑)

それではSee you!!

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

THE AWESOME WORLD BLOG【オサブロ】を今後もよろしくお願いします!

ツイッターインスタグラムなど各種SNSやってるよ!

現在LINE@、google+、FACEBOOKページも準備中。

カナダのことだけに関わらずオーストラリア日本文化アフィリエイトなどの記事も上げてく予定なのでよろしく。

よかったらシェアはこの下のSNSアイコンから、

フォローは右上からしてね。

SNSでシェア

他の記事も見ていく!

コメントを残す

*

Translate »