カナダに着いたら家探し!探し方とそれぞれの特徴!

       
Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/wz7ut7j/awesomewz7.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 992

Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/wz7ut7j/awesomewz7.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 992

Warning: in_array() expects parameter 2 to be array, null given in /home/wz7ut7j/awesomewz7.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 992

どうもテツです。

今回はカナダでの家探し方と使えるサイトを記事にしました。
カナダで着いたら必要なのが家で、家がなければ「銀行口座作り」、「SINナンバー」、「仕事探し」など次のステップに進めません
例外はいくつかありますがほとんどの留学生やワーホリで来た人が通る道だと思うので参考にしてください。

家といってもまずはいくつか種類があり、カナダは日本と同じで地域により家賃は異なります。
僕の主観ですがそれぞれメリットデメリットもあるので簡単に書いていきます。

ルームシェア、シェアハウス【Room Shear,Shear House 】


シェアハウスやルームシェアは留学生やワーホリで来た人が
最も多く使う方法で費用も一番安く抑えられます。

シェアハウスは
一軒の家で部屋ごとに別々に住み、
自分の部屋なので鍵がかけれたり、棚なども自由に使えます。
家によってはリビングが自由に使えます。
数にもよりますがシャワールーム、トイレ、キッチンを共有します。

ルームシェアは
一軒の家で部屋の中が区切られていたり、
ベットが複数あり自分のスペースがあまりないのとプライベートは確保しにくいです。
同じく数にもよりますがシャワールーム、トイレ、キッチンを共有します。

ちなみにここケロウナでは平均で$600~$700が安さとクオリティのバランスがいいです。
※さらに安い物件もあるが、これより安いと悪条件のところが多い。

まとめると...

【メリット】
部屋やシャワールーム、キッチンがキレイでや家具などが備え付けてあるところが多い。
自分だけのプライベートの空間を確保しやすい。
テレビなども取り合いになりにくい。

【デメリット】
どのタイプにも言えるが基本的に少ない同じメンバーで住むので、気が合わないとつまらなくなることもある

探し方は基本的に以前紹介したクラシファイドサイトの「CASTANET」「CRAIGSLIST」「KIJIJI」で簡単に見つけることが可能です。

同時にFACEBOOKの家探しのグループ機能を使うとより効率的です。
探し方はこちらを参考にしてください。

ホームステイ【Homestay】

ホームステイは海外留学と聞くと誰でも最初にイメージするかもしれません。
ホストファミリーと言われるネイティブ(カナダ人)と一緒に住み、現地の暮らしを体感できたり、休みの日には外出に誘われることも多く、一緒に行ったりします。

英語の勉強や文化を知りたいという方には一番の近道です。
自分の部屋も基本的に用意されており勉強重視の方にはいい環境かもしれません。

ただ普通のシェアハウスなどに比べて料金が高かったり
食事付きの場合まずかったりすることも...(笑)

まとめると…

【メリット】
・ネイティブと住み、一緒に出かけたりすることも増えるのでローカル(現地)の暮らしを体感しやすい。
・勉強に集中しやすく英語力が伸びやすい。
・契約の内容にもよるが食事が付いてくるところが多い。

【デメリット】
・門限など、家のルールが厳しいことがある。
・ルールの影響や一緒に行動することが多いので友達作りが難しくなることもある。

留学生やワーホリの方は留学エージェントのサイトを通して申し込むのが一番簡単です。
ここケロウナではGO CANADA HOMESTAYで相談ができます。

また自分で探す場合は上と同じくFACEBOOKの家探しのグループで投稿するのがいいでしょう。
こちらを参考にしてください。

バックパッカーズホステル【Backpackers Hostel】

日本ではあまり聞きなれないが基本的に世界中観光地があるところにはバックパッカーズホステル(※ゲストハウスと呼ぶところもある)という宿があります。
同じ国でも違う地域の人や世界各国から来る旅行客がホテルよりも安く手軽に泊まれる宿です。
場所にもよるが1日~長期滞在まで自分で日数を決めて泊まることができます。

料金は場所によって異なるが安い場所だと
ルームシェアとさほど変わらない値段で滞在することが可能です。

特徴は一つのホステルで数十人~多いところで100人以上が滞在し、トイレ、シャワールーム、キッチンを共有で使います。

まれに個室もありますが、主に一番安い部屋はドミトリールーム(相部屋)と呼ばれ、数人~数十人が共有で使います。
自分の部屋は共有で複数ある二段ベットの片方が自分のスペースで、物を置くスペースや作業をするスペースは主にベットの上や下になります。
自分用の棚やロッカーがあったりなかったりするので防犯対策は自己責任でする必要があります。

人が多いこともあり共用のアクテビティスペース(運動場、プール、シアタールーム、ラウンジなど)があります。
ほぼ皆フレンドリーなので混ざって友達作りや交流がしやすいです。
また、ネイティブだけではなく世界各国多種多様の人種が集まるので異文化交流が好きな人には向いているます。

まとめると...

【メリット】
・多数の友達を作りやすい。
・仕事や穴場など情報収集がしやすい。

【デメリット】
・ドミトリールームが基本のためプライベートの時間、スペースを確保しにくい。
・人が多いので汚いところも多い。
・人が集まるので夜中に騒いだりトラブルが多く、うるさくて寝れないことも...
・防犯は自己責任

ホステルを探すのにオススメは
僕もほとんどの友人も使いますがホステルワールド(Hostelworld)が一番安いと言われています。

【公式ページ】
Hostelworld
【公式アプリ】

The app was not found in the store. 🙁

その他

その他にもいくつか短期滞在がメインですがまた違うシステムで宿泊できるサービスがあるので紹介します。

AIRBNB

AIRBNBは日本でもここ数年利用者が増えてきました。
現在日本、カナダを含め全世界で約500万室以上が利用できるみたいです。
日本語で言うと「民泊」という言葉が一番当てはまるかと思います。

ホスト側が空いてる部屋や家を貸し出してくれてそれに対して決められた料金を払う仕組みになっています。
メリットとしては一般民家に泊まることでホテルなどとは違いホストと交流を深められ、ガイドしてもらいローカルな穴場などの情報も入手しやすいです。

【公式ページ】
AIRBNB
【公式アプリ】

The app was not found in the store. 🙁

Airbnb
Airbnb
Developer: Airbnb, Inc
Price: Free

COUCH SURFING

COUCHSURFINGは日本でもまだあまり認知度はないですが、
AIRBNBよりも昔からある旅行者用のサービスです。
ホスト側のユーザーが旅行者に対して空いてるソファーや部屋を貸してくれて無料で泊まることができます。
AIRBNBと同じで泊めてくれたユーザーと交流したり案内してもらったりと友達作りも兼ねて使えるので非常に便利です。

【公式ページ】
COUCH SURFING
【公式アプリ】

The app was not found in the store. 🙁

Couchsurfing Travel App
Couchsurfing Travel App

まとめ

以上がカナダでの家の探し方でした。
僕自身はオーストラリアの時は異文化交流と旅行が主だったのでバックパッカーズホステルがメインでした。
現在カナダでは勉強を重視したいのでシェアハウスに住んでいます。

海外での滞在で一番大事な家探しなので自分の目的に合った環境をしっかり選び楽しい生活を送りましょう。

それではSee you!

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

THE AWESOME WORLD BLOG【オサブロ】を今後もよろしくお願いします!

ツイッターインスタグラムなど各種SNSやってるよ!

現在LINE@、google+、FACEBOOKページも準備中。

カナダのことだけに関わらずオーストラリア日本文化アフィリエイトなどの記事も上げてく予定なのでよろしく。

よかったらシェアはこの下のSNSアイコンから、

フォローは右上からしてね。

SNSでシェア

他の記事も見ていく!

コメントを残す

*

Translate »