バンクーバー、ビクトリア、ケロウナでの自転車ルール!

       

どうもテツです。

今回はカナダでの自転車ルールについて記事にします。
学生の方はなかなか車を持つのが厳しいと思うので自転車を買う方が多いと思います。
ただ日本とはルールが違うので予期せぬところで罰金が取られたということになりかねません。

地域によってもルールが多少違うので
バンクーバー、ケロウナ、ビクトリアなどのBC州(ブリティッシュコロンビア)でのルールを書きます。

日本と違うルール

ヘルメットの着用義務

ヘルメットは義務になっており、
着用せず取り締まりにあった場合は罰金をはらわなければいけません。
安全のためにも必ず着用しましょう。

歩道は通行禁止

カナダでは自転車と自動車は同じ扱いになっており、
自転車の専用道路があるとこを除き車道を走らなければいけません。

右側通行が基本

これは自動車も含め歩行時など基本右側通行になります。
道を譲るときも慣れるまで大変ですが右側によりましょう

ハイウェイは走行禁止

日本だと高速道路のイメージですが普通の大きい道路のことも差します。
ハイウェイ(High Way)と呼ばれている道は運転できないor特別なルールがあると認識しておくのがいいです。
※ちなみに高速道路は英語で「FREE WAY」や「MOTOR WAY」,もちろん「HIGH WAY」と呼ぶ場合もあります。

注意する点

駐輪場に関して

カナダでは専用の駐輪場というのはなく
どこでも停められますが盗難に遭う確率が高いので
日本にいるとき以上に対策はしなければいけません。

街中なども含めて駐輪する場合は基本何かにワイヤー型の鍵を巻いてつけることが多いです


基本的にはこういったバイクラックに駐輪します。

車の運転が荒い?

僕もカナダで車の免許は持っていないのでルールは詳しくはわからないのですが、
カナダは日本よりも自転車優先という感じではないので交差点は気を付けて渡りましょう。
そして悪い言い方をすると運転が荒いかなと感じます。
信号がないところで一時停止しない車に引かれ掛けたことがあります(笑)

自転車を乗るのに必要なもの

ヘルメット

上記でも記載しましたが義務なので必ず必要になります。
自転車や少し大きいスーパーマーケットで買うことができます。
種類はいろいろあるので自分に合ったものを選びましょう。

ライト

自転車の前方を照らすためのライトです。
ヘルメットと同じで義務で必須になるので必ずつけましょう。
そして夜は日本と違い外灯も少ないので安全のためでもあります。

ワイヤー型の鍵(出来れば2つ)


必須ではないですが鍵が無いと当然盗まれます。
そして友達から聞いたのは鍵を切ってまで盗む人もいるみたいなので、
ワイヤー型の鍵を2つ以上使うようにしましょう。

反射ステッカー

上記でいった通り運転が荒いドライバーや外灯が少ないので、
安全性を高めるためにも安全ステッカーはあったほうがいいです。

まとめ

自動車に限らず知らない土地では事故などに繋がりやすいので、
少しでも安全性のため、できるだけ対策をしてから乗るようにしましょう。

ちなみにケロウナでは中古ショップで$50~、
WALMARTで安く新品
を買うことが可能です。

僕の自転車は約$200でWALMARTで買いました。

それではSee you!

SNSでシェア
 

スポンサーリンク

 
         

THE AWESOME WORLD BLOG【オサブロ】を今後もよろしくお願いします!

ツイッターインスタグラムなど各種SNSやってるよ!

現在LINE@、google+、FACEBOOKページも準備中。

カナダのことだけに関わらずオーストラリア日本文化アフィリエイトなどの記事も上げてく予定なのでよろしく。

よかったらシェアはこの下のSNSアイコンから、

フォローは右上からしてね。

SNSでシェア

他の記事も見ていく!

コメントを残す

*

Translate »